バーテンダーへの道

バーテンダーへの道

バーテンダーに求められる内容とは

接客業の1つにバーテンダーがありますが、一般的なイメージとしては、いわゆるバーと呼ばれる店舗やスペースで制服を着用してシェーカーを振る姿があります。 バーテンダーは、ドラマなどでは派手なイメージや華やかさを覚えることもありますが、決してそのような業種ではなく、基本的には求められる内容を寡黙にこなしていくことが大切なことになります。まず、必要とされるもののとして酒類への知識があります。ここでの知識は非常に重要となり、少しづつ覚えていくとしても代表となる酒類やカクテル等に関しては完全に理解をしておくことが必要になります。特に提供をする場合には、お客には最適な方法で行う必要があり、場合にはよってはマニュアル通りの作り方を変えて提供をすることも求められます。2つめとしては接客のスキルがあります。バーテンダーは基本的には寡黙な業種となり、常連の客の場合でも自分から話しかけることは厳禁となり、一部の客と話しを続けた場合などでは、他の客に良い印象は与えないことになります。そして、できるだけ全ての客が良い気分で帰ることができるように努力をする必要があります。3つ目としては、整理整頓があります。バーは、そのほとんどはお客からカウンターが見渡せるようになっています。そのために作業に関しての道具などは常に整理しておくことが大切なことになり、特に、グラスやボトルには指紋やホコリ等は絶対に残さないように注意することが重要になります。

バーテンダーが避けるべき話

バーに来たお客が楽しくお酒を飲むためには、バーテンダーがそのような雰囲気を作らなければなりません。積極的に話しかけるお客は話題が常にありますが、バーテンダーから話しかけてもらうのを待っている場合は盛り上がる話を用意します。しかし普段の会話で盛り上がるからといって、相手やその周りのお客が不快になる話題はタブーです。例えば、政治や宗教の話はライバルの党や宗派の人もいる可能性があります。バーは年齢や人種、性別にこだわらないでお客を受け入れるので、特定の政党や宗教の話はリスクが大きいです。バーは商談をまとめる時の場としても選ばれるので、お金の話もしません。もちろん悪口を言うのは御法度です。お客の中には会社の人間関係や恋人に不満があってバーテンダーに話をすることがあります。しかしそれに対して自分も同調してしまうと、お客の関係者がバーに来店した時に気まずくなります。お客は不満を聞いてほしいだけなので、自分の意見はあえて言わないのが良いです。意外と嫌われるのがスポーツの話です。お客と応援しているチームが同じであれば良いですが、国籍などの違いからライバルチームを応援している人が聞けば所属する国自体を否定することにつながりかねません。


Favorite

もんぺ
http://marufuku-online.com/
ペット火葬 浦安
http://www.i-chiba.com/pet-cremation-visit-area/urayasu/
東京の売土地検索
http://www.tokyo-land.com/
垂水の賃貸情報
http://www.live-dsn-t.com/
チケットショップ 池袋
http://knet-ikebukuro.net/
有機野菜の宅配
http://nozawanouen.com/

最終更新日:2016/5/20